*

Rhinoceros Ver5とVer4 への対応状況

公開日: : サポート, 日本語ドキュメント(1.6)

Scan and Solveの現在のバージョン1.6のプログラム、ライセンス(32bit)ともに、Rhinoceros 4と5の両方に対応しています。

また、64bit版のライセンスは、Rhinoceros 5.0 64bitへも対応しています。

32bit,64bitはそれぞれ別のプラグインとしてインストールすることが必要です。

Rhinoceors 日本語版 Ver4, Rhinoceros 日本語版 Ver5(32bit), Rhinoceros 日本語版 Ver5(64bit)で動作を確認いたしました。

現在、Scan and Solveの64bit版はβと表記されていますが、32bit版と同様な解析ができ、結果も同じになることを、複数のモデルで確認しております。

それぞれ対応するRhinoceros 4/5英語版でも動作確認はできております。(アメリカIntact solutionsによる確認)

Rhinoceros Ver5での動作は評価版、β版などで確認いたしました。(Rhinoceros評価版でもScan and Solveを評価できます。)

近い将来、対応がRhinoceros Ver5のみになる予定です。

(Rhinoceros 4,5の両方を使われる方、あるいは、段階的に5へアップデートする予定でご検討されている場合は、両方動作するバージョンが利用できる今のうちに、ご購入をお勧めします! ^^)

以上、4,5,64bit、海外事務所などへ導入する際の問い合わせが多くなってまいりましたが、ご検討の参考になれば幸いです。宜しくお願いします。

関連記事

no image

詳細モード

詳細モードは、簡単モードに、いくつかの細かい設定機能を追加します。 Legend コン

記事を読む

no image

有効化/アクティベーション

スキャン&ソルブを評価する 一番最初にスキャン&ソルブを実行すると、と書かれたボタンが

記事を読む

no image

既知の制限事項

スキャン&ソルブは線形弾性の数学モデルによって数値近似予測を計算します。このようなソフトウエア全般に

記事を読む

no image

全体負荷

全体負荷はソリッドの体積全体に分散する力を構成します。おそらく、重力はもっともよく知られているもので

記事を読む

ip6

iPhone6+の強度を解析してみた(just for fun)

下記のビデオは、intact solutions 社さんが、iPhone6+の曲げを解析

記事を読む

no image

ライノでメッシュをソリッドに変換する方法

ここでは、ライノセラスで利用できる、サーフェスメッシュをソリッドに変換するための基本的な方法について

記事を読む

no image

部分面を拘束する

Rhinoのビューポートで、ソリッドのポリサーフェスは、太い線で描かれています。もし、ソリッドの面そ

記事を読む

no image

4.素材と素材エディタ

サポートしている素材 標準の素材と、破壊判定基準 素材のカスタマイズと素材エディタ ページリン

記事を読む

no image

拘束条件の生成と編集

Scan&Solve™ はモデルの特定の面拘束します。面は、完璧に固定したり、1方向にのみ自

記事を読む

no image

面負荷

最新のScan&Solveは、4つの種類の面負荷をサポートしています。ベクトル、スカラー、圧

記事を読む

no image
Scan and Solve 1.6 /2014日本語マニュアル 目次

導入 システム要件 インストール 有効化/アクテ

ip6
iPhone6+の強度を解析してみた(just for fun)

下記のビデオは、intact solutions 社さんが

no image
Scan and Solve 商用版 機能比較 (1.6.x と 2014)

今後も 1.6.xと 2014の両方が利用できます。 Ver20

no image
Rhinoceros Ver5とVer4 への対応状況

Scan and Solveの現在のバージョン1.6のプログラム、ライ

no image
Scan and Solve Ver 1.6 追加機能

こちらから、Scan and Solve Ver1.6のダウンロードが

no image
WORDS

constrain 拘束する (-- 人 to v で 人にvを強いる

→もっと見る

PAGE TOP ↑