*

Rhinoceros Ver5とVer4 への対応状況

公開日: : サポート, 日本語ドキュメント(1.6)

Scan and Solveの現在のバージョン1.6のプログラム、ライセンス(32bit)ともに、Rhinoceros 4と5の両方に対応しています。

また、64bit版のライセンスは、Rhinoceros 5.0 64bitへも対応しています。

32bit,64bitはそれぞれ別のプラグインとしてインストールすることが必要です。

Rhinoceors 日本語版 Ver4, Rhinoceros 日本語版 Ver5(32bit), Rhinoceros 日本語版 Ver5(64bit)で動作を確認いたしました。

現在、Scan and Solveの64bit版はβと表記されていますが、32bit版と同様な解析ができ、結果も同じになることを、複数のモデルで確認しております。

それぞれ対応するRhinoceros 4/5英語版でも動作確認はできております。(アメリカIntact solutionsによる確認)

Rhinoceros Ver5での動作は評価版、β版などで確認いたしました。(Rhinoceros評価版でもScan and Solveを評価できます。)

近い将来、対応がRhinoceros Ver5のみになる予定です。

(Rhinoceros 4,5の両方を使われる方、あるいは、段階的に5へアップデートする予定でご検討されている場合は、両方動作するバージョンが利用できる今のうちに、ご購入をお勧めします! ^^)

以上、4,5,64bit、海外事務所などへ導入する際の問い合わせが多くなってまいりましたが、ご検討の参考になれば幸いです。宜しくお願いします。

関連記事

no image

Rhino5でSnSが使えない(ツールバーが出ない)

Scan and Solve 64bit版をインストールし、 Rhino5(beta)を起動しても、

記事を読む

no image

日本語マニュアルについて

こちらでWEBマニュアルを公開しています。 WEBマニュアルは、Ver1 系で製作されています

記事を読む

no image

5.拘束条件

拘束条件の生成と編集 部分面を拘束する ページリンク SnS 日本語マニュアル 目次へ戻る

記事を読む

no image

物理的な現実と、静的線形弾性モデル

スキャン&ソルブは、物質と形状に対して、静的線形弾性モデルという仮定の下に、数値的な計算し、予測をし

記事を読む

no image

変形形状や解析結果のファイル出力(Bake)

Scan&Solveはサーフェスメッシュをつかって解析した結果を表示します。Viewタブの 

記事を読む

no image

Glossary

Bake: Bake(ベイク)は、解析したソリッドの結果をサーフェスメッシュファイルに変換して、他

記事を読む

no image

既知の制限事項

スキャン&ソルブは線形弾性の数学モデルによって数値近似予測を計算します。このようなソフトウエア全般に

記事を読む

no image

ライノでメッシュをソリッドに変換する方法

ここでは、ライノセラスで利用できる、サーフェスメッシュをソリッドに変換するための基本的な方法について

記事を読む

no image

変形・歪みをビューで確認する

Deflectionスライダーをつかうことにより、解析結果の変形具合を、インタラクティブに、変形結果

記事を読む

no image

Scan and Solve 1.6 日本語マニュアル 目次

導入 システム要件 インストール 有効化/アクティベーション 基本操作

記事を読む

no image
Scan and Solve 1.6 日本語マニュアル 目次

導入 システム要件 インストール 有効化/アクテ

no image
Scan and Solve 商用版 機能比較 (1.6.x と 2014)

今後も 1.6.xと 2014の両方が利用できます。 Ver20

no image
Rhinoceros Ver5とVer4 への対応状況

Scan and Solveの現在のバージョン1.6のプログラム、ライ

no image
Scan and Solve Ver 1.6 追加機能

こちらから、Scan and Solve Ver1.6のダウンロードが

no image
WORDS

constrain 拘束する (-- 人 to v で 人にvを強いる

→もっと見る

PAGE TOP ↑