ヒストリを使って、2D曲線の作業で3Dの曲面を更新する


2Dの曲線が3D空間上で、どのような立体になるのか、生成してビューでぐるりと見ることで、はじめてわかること、感じること、想像することがあります。

「曲線」から作成される簡単な曲面でも、雰囲気を見ながら、微調整する、という場面は多々あるのかな、と思います。

 

ヒストリを使うと、ある程度の限られた範囲ではありますが「試行錯誤」が出来ます。

 

サンプルファイルでは、XY作業平面で描いた曲線の制御点を移動すると、立体が更新されます。

 

PS. 制御点の移動で調整を検討する、ならヒストリでよいですが、もし曲線自体をいろいろ違うものにしてバリエーションも検討したい、という場合は、Grasshopperを使いましょう。

 

ダウンロードファイルはこちらです。xy-history-v5