2Dの操作トレーニング


Rhino5/6で2Dの曲線を描く操作のまとめ、自主練用のPDFです。

rhino-univ_v6_2d_line_practice_1

 

Rhino6では少し操作方法が変わり、曲線などは選択しただけで、制御点が表示されるようになりました。

コマンドラインからの便利な座標指定の記号(w, r/@, <) は、覚えてしまうと便利ですよ~!

3D座標での指定でも使えます。