他のCADから3Dデータを持ち込んだら、面がおかしい


ライノセラスは優秀なトランスレータだ、とよく言われますが・・

他のCADからデータを持ち込んだときに、(そのCADがソリッド系のものであっても) どこか面が割れていたり、小さい面のレンダリングがおかしく、エッジがひらいていることがよくあります。

どっちのCADの設定がどう悪いのか・・ということを探して解決する場合もありますが、そう「できない」こともあります。
今回は、ライノ側で、異常部分をササッと修正することが可能ですので、そういう方法をお伝えいたします。

ここでやるのは、原理的には、「インポートしたときのNURBSサーフェスの境界情報」を、ライノセラスで「つけなおす」ことです。

 

SolidWorks系のソフトからエクスポートしていると考えられるデータ(ミスミなどの3Dデータの一部などもそうだと思われます)をインポートしてみました。

 

 

だいたい、良いように見えますが・・閉じたポリサーフェスにはなっていませんので、「エッジを表示」してみます。

メニューから、解析>エッジツール>エッジを表示

 

エッジのほか、面のレンダリングもおかしいようです。

拡大してみます。

 

 

なんじゃこりゃ~~っ、、 と、いう太陽にほえたい状況がみえてきます。

 

ここで、エッジが関連する部分の面をすべて抽出します。

メニューからは、ソリッド>サーフェスを抽出 (分解のアイコンを右でクリックする、などして選択しても同様)

異常なサーフェスを引きはがしたいので、コピーは「いいえ」にします。

シェーディングがおかしくなっていますが、そこにあるはず、と思って選択してください。

 

 

 

面が選択されている状態で、選択されているものだけを表示します。

選択されていない他のものを非表示にする、というアイコンが「標準」タブにあります。( これは、HideしてInvertという2つのコマンドからできています )

 

 

 

コマンドの実行後です。他のものが消えて、やりたいことに集中できそうです。

 

 

 

 

さて、多くの場合、(現在のライノの設定を利用して)トリムを解除して、再度トリムをする、その後結合する、それだけでほとんどのケースで直ります。

 

抽出したおかしな面がいくつの面からできているか、あるいは、PointsOnコマンドなどで、Untrimしたときにどこまで面が広がるのか確認をしておきます。

 

再度トリムをする部分が、すべて他の面からトリムできるといいのですが、出来ない場合にそなえて、おかしくなっている面の全てのエッジを「線」として抽出しておくとラッキーな場合があると思います。

エッジをひとつひとつ選んでいると効率が悪いので、

曲線>オブジェクトから曲線を作成>境界曲線

をつかいましょう。

作成後は、複数ある場合は、すかさずグループなどにしておくと良いです。

 

Untrim(トリム解除)してみます。

メニューからは サーフェス>サーフェス編集ツール>トリム解除

です。

 

シェーディングは正常に戻りました。

ここでお互いでトリムしたり、元の境界曲線でトリムしますが、みなさん出来ますよね~。

 

 

 

これを結合して、問題がなければ、元のおおきな面に結合すればOkです。

さらに結合は出来てシェーディングもおかしくないけども、エッジがひらいて開いたポリサーフェスにしかならない、という場合は、エッジの結合トレランスがモデリングしたCADとインポートしたCADの間であっていないことが多いと思われます。

そのような場合、エッジを延長して再度トリムする、ということで修正もできますので、どれくらい離れているか確認してから、ライノ側でドキュメントのトレランス(結合につかわれる絶対許容差)をあわせて、再び結合をする、ということもできます。(サクっと説明できるといいんですが、用語が難しくなってきましてすみません・・)

これはライノでインポートをして何をしたいか、ということにもよりますが、修正する手数が少ない方を選択するのが良いでしょう。

 

開いている各エッジで「エッジ差」を検出して結合するコマンドで、エッジの差を紙にメモしながら結合をしていき、全体の許容差を一つにする、という方法もあります。(これもちょっとアナログ的で、難解かもですが・・そういう機能があっても良さそうですけども、ナイのです)

 

最終的には、閉じたポリサーフェスにすることができます。

 

何がいいか、何が手数がすくないか、そういったことは、ケースバイケースでもあり、経験的なことにもなりますが、なかなかWEBで説明するにはスペースがたりないので、もしお知りになりたければ、講座でどうぞ。

また、講座では、どうしてもうまくいかないデータがあれば、こちらで分析・作業等をしてお返ししています。