Fusion360 と Rhinoの運用


Fusion360をライノと一緒につかっていくときは、

基本設定から、下記の2か所を設定すると、勘違い操作が軽減されます。

 

ひとつは、XYZの違い。もう一つはズームのホイール動作です。

 

使いにくい、と思っているのが、そういうところでしたら、基本設定の変更をお試しください。

 

 

【他のTips】

ズームはこれで良いとして、

ビューの平行移動 は、マウス中ボタンで画面をドラッグ

ビューの回転(オービット)は、Shiftを押しながら、マウス中ボタンで画面をドラッグ

です。

設定では、ぱっと見合わせる方法がないので、Fusion360の標準の操作にあわせましょう。

 

また、表示しているオブジェクトをビューにはいるようにズーム(ビューをフィット)するには、F6キーを押します。

選択されているものではなく、表示されているものすべてです。

ライノのように選択されているものにズームする機能などもあると良いのですが・・。

 

 

どちらも素晴らしいツールです。上手に両方を使っていくと良いと思います。