Rhinoceros 6.0 beta


Rhino6はいろいろ新しい機能があるみたいです。

Rhinoceros5のユーザーさんは試してみることができます。

 

たとえば、「Cycles」というビューポートレンダーが追加されています。

ビューを「レイトレース」表示にすると、Cyclesがモデリング中でもリアルタイムにレンダリングしてくれます。

Cyclesというのは、オープンソースのレイトレース技術のようです。

 

現時点でのライノ6では、設定がこれまでのものと同じ項目っぽかったり、レンダリングをすると、ビューポートと同じようにならない、など、まだ未完成なところも見受けられます。

ハイライトのラインの動きや、反射をみながら、モデルを作り込んでいく、ということが快適に出来るようになると、モデリングの質に大きく寄与すると思います。

今後に期待したいです。