Python自動プレゼンテーション

インダストリアル・ビッグデータ・インターネットといわれています。

Pythonは、豊富な科学技術計算系のライブラリがあり、製造・販売系の多くのデータから、統計・回帰的処理をおこなったり、予測をおこなうことができます。 

コンピューターやAIが処理をした処理データは誰か「人」に「プレゼンテーション」をしてアルゴリズムの検証ができるといいですよね。

機械学習やAI全般、あるいは機械制御でもいえることですが、予測などのアルゴリズムは、過去の結果とつきあわせて、何度も修正をおこなうことで、役に立つアルゴリズムになっていきます。

 

ところが、データを表にするために、Excelを操作するアルバイトを募集したり、そんな人はいないので、自前でExcelを自動化するBasicなどを学んで・・・、ということも、ありかもしれないのですが。

Pythonでプレゼンテーションの自動生成まで行くこともできます。

 

 

Pythonからワードプレスへ公開

http://okuzawats.com/python-wordpress-xmlrpc-20151027
https://peta.okechan.net/blog/archives/1487

 

 

PythonからFacebookへ公開

http://qiita.com/nmatsui/items/4821146a19b614536c79

 

皆さん、いろんなことを調べていらっしゃいますよね・・