小さなものづくりの方向性

これからの生産を考える

国内では、高品質で細やかなものづくりやサービスを、とよく聞かれるようになりました。

ものづくりも、同じものを大量に作り続けるものから、サービスと同様、お客様をみて、提案するものへと変遷していくのかもしれません。

インターネットで、WEBで組み合わせやカスタマイズできる注文も珍しくはなくなってきました。

ダイレクトに市場からリクエストを聞けるものづくり

少量生産は、いろんな価値を秘めています。

 

カスタマイゼーション

http://blogs.itmedia.co.jp/hana/2015/01/Harley-Davidson.html

自動車などでも、ある程度、装備や色も選べるようにはなっていますが、だんだんとオーダーによる生産の部分が増えてくるように思います。

 

人間は技能や創造性を使う存在にに 

管理作業はコンピューターに、単純作業は機械やロボットに置き換えることで、人間は技能や創造性に注力をすることができます。

お誂え、という言葉が、古くからあります。

「工業化以前の時代」のプロダクトは、誰かのために寸法や大きさ調整し、色やガラを選んで作ることも出来ていました。

自分とお客様との関係性や好みから、機能、色、大きさなどを提案できていました。

そのような商品は、無駄がなく、気が利いていて、修理もでき、高くても長くつかえたもので、お値打ちだった、と思うのです。今後は、そういうことも、いろんな価値を生んでいくようにも思います。それが日本的なインダストリ4.0の一つだと思います。

咲和惟の事務所のある地域は、繊維やメガネ、漆器といった、身体に関わるプロダクトを生産する街で、大小のいろんな工場があります。