COSTD Ver 5.の提供開始について

提供している 製造業・サービス業向けの販売仕入請求・工程スケジュール・在庫管理統合システム(COSTD)を、Firebird SQL 3.0.3 に更新しました。

 

  1. 消費税率の柔軟対応(売り上げ、仕入れ、在庫共通)
    商品により、税率区分がありますので、税率が複数になっても(ならなくても)Okです。 税込みの混在もOkです。区分マスタのみ管理することで、各端末では区分での入力は出来ませんので、間違いがありません。
  2. クラウド会計ソフトFreeeに、販売・仕入れのデータを渡す機能
  3. 電話との連携(光電話に限ります)⇒ 電話が鳴ったときに、対象顧客の電話番号なら、売り上げページを開く機能。1顧客の電話番号が複数ある場合は「宛先マスタ」に登録します。
  4. ネットワーク運用(クラウド対応)
    従来のままローカルサーバーでもOkですが、4.
    以下の対応はクラウドのみの機能です。
  5. (クラウドのみ)スケジューラー表示、実績・予測グラフの高度化
  6. (クラウドのみ)WEB化インターフェスにより、現場でタブレットや各自のスマホでスケジュールが確認できます。
  7. (クラウドのみ)離れた拠点間で運用に対応

技術的・設備的なバックエンド 

当社サーバー設備(RAID+バックアップ、光回線2本)を月額にて提供します。常に充分なレスポンスが発揮されるよう拡張をおこなう予定です。
 
お客様では、下記のことが不要になります。
・ 社内にサーバーの導入、
・ バックアップ等の確認、
・ ディスクの更新や管理等
 

クラウド対応時のご注意:

アプリケーション起動時に通信経路の暗号化のための「鍵ファイル」の生成がおこなわれます。暗号化の鍵ファイルと、御社の端末利用者情報が紐づけられて、アプリケーションの利用を始めることができます。

分からないことがあれば、サポート専用ダイヤルにお電話下さい。