2015年仕事納めと 2016年


2015年が終わります

今年もたくさんの人々との出会い、再会もあった年でした。
お世話になり、支え持って頂き、・・・・ ありがとうございました。

仕事では、

  • コンピューターによるデザイン
  • 製造のためのIT、インダストリー4.0 
  • 販売の現場の印刷や、販売店頭での大きなディスプレイ

これらのことが、関連をしてきました。

新しいものについては、企業がノウハウを持っている、というよりも、個人のもつ興味と能力に依存しているものが多く、個人と企業の関係性が大きく変わってきたことを感じさせる年といえたかもしれません。

今年は今までの中で、一番素敵な年だったなぁ、と思います。

毎年、そんなことを感じるようになりました。

周りの人達の支えと、はげまし、期待があってこそ、自分が形を変えて応えられるのだと思います。

2016年の Value Proposal

2016年も、ひきつづき次のことに注力をして、お仕事をスムーズにすすめるための開発や作業をすすめていきます。

  1. サービス、製造、デザイン、企画を、結びつけるワクワク
  2. シンプル、コンパクト、早い、分かりやすいワクワク
  3. いろんな応用ができることのワクワク

未来の視点から眺めてみる

同じ商品やサービスでも、中小企業的、個人的なモノが面白い、と感じることがあります。

プロダクトを開発するプロジェクトの人選では、次のようなことを視点に加えると良いように思います。

  • 見える技術、 見せる技術があること
  • 技術とオペレーションを、楽しむ意欲があること
  • いろんな人と結合・調整していける個性があること

こういう人が多いと、プロジェクトはよい成果を生み、マネージメントも上手くいくように感じます。
自分の特技・能力を「新しい道具」で表現していける、具体化していけると素晴らしいです。

2016年のテーマは「結ぶ」こと

私達の2016年のテーマは、

  • デザイン
  • 製造
  • マーケット

この3つをすこしづつ、結んでいこうとしています。
それはアナログかもしれませんし、デジタルかもしれません。

デジタルとアナログ、お互いに素敵なところを補いあうようなものにする、これを2016年のテーマといたします。

 

a