ジグ、冶具づくり

切削加工や、曲げ、ロー付けの固定に必要な冶具の製作をしています。

製品と接触する部分は、実物の3Dデータがあれば、反転して削ります。

現実には、3Dデータと異なり、素材の反りや、表面加工などによる膨張/収縮があります。

実物を何個か頂き、データ取り用の3Dスキャナーなどを活用してデータを調整します。

接触面に、ウレタンなどをつけて製品に傷がつかないよう保護することができます。

形状彫りなどの簡単なものから、冶具と一緒に、開閉のためのスライド、スライドのための空圧機構などの組み込みなどもできます。

3Dデザイン、3Dデータなどのデジタルデータを用いることで、高精度化、効率化といっしょに、デザイン・プロダクト設計に可変部分と固定部分を分離した「デザイナブルな多様生産」ができるような提案をしています。

ご相談頂けると幸いです。