体験をデザインすること

当社では各種サーバーサイドのサービスは「Python」「Flask」で制作をしています。それはさておき・・

「kennethreitz」さん、最近は、responder  という「Flask」に似た感じの「端的記述型の軽量WEBフレームワーク」を開発しています。

彼のrequestsモジュールは、いつもAI近辺で、もうたくさんお世話になっています、Python好きないろんな人の話にもあがってくるので、Python結界においては、JEDIの騎士みたいな存在です。

多くのものは、まるっきり最初から開発、というわけでなく、おそらくご自身のFlaskの体験と、Falconの体験をあわせ、そして、最近の非同期処理をとりこんだ「体験いいとこどりのデザイン」を「我々」に提供してくれています。

なぜ可能なのか、というと、Pythonだから、(コミュニティ、OSS、自由、誰かの貢献の上に自分が勝手に貢献できるから)だということもあるのだと思います。

Pythonでは、Flaskや他のライブラリも、作者のコミットの関与がなくなっても利用者が多いものは、多分に大丈夫な感じなのですが、無くなると後で自分が大変なので、いろいろ慎重に他のものも調べたり、履歴をみてみるところはあります。が、なぜかこの作者さんだと、とりあえず使ってみたくなります。

モノを買うのも、似たところがあるのかもしれません。

プロダクトでも、ITでも、「デザイナーのセンス」を皆、信頼しているんだと思います。

人々は、自分にあった体験になるよう、多数のものを調整してくれているデザイナーさんの「考え」とか「センス」を信頼している、といえるかもしれませんね。