人物(+洋服)のスキャン

ここ最近しばらくは、センサーSDKの新しい機能(色情報を基準とした推定)を取り入れて、
「服を着た体全体のボディ・3D・スキャン」に挑戦していました。
だんだん良い結果が出せるようになりました。

a2

マイ・フット・ステーションさん

銀座のマイ・フット・ステーションさんで、3Dスキャナー+3D-CADを活用して、自分にあったインソール、靴を調整してくれるサービスがはじまったそうです。   こちらです。http://www.myfoot.jp/service/service_order_insole.html  

 

Foot (マイフットステーション様が公開された画像より)

荒山社長とのご縁で、3D部分、スキャンのお手伝いをさせていただきました。

もし、私が両親と関東方面にいくことがあれば、立ち寄って両親にオーダー靴をプレゼントしたいです。

マイフットステーション様のアドレスはこちらです。 http://www.myfoot.jp/          

立体テクスチャデータ

手触り、光沢の面白さを、プロダクトに

r

1t

 

 

立体のテクスチャのデータの提供ですが、

  • 模様の企画やデザイン
  • 製作

など。

 

最終的に「NC加工」「マシニングセンタ加工」で使える3Dデータを生成します。

大きな周波数の波(デザイン)に、細かな振幅で高い周波数(テクスチャ)を分離して合成して載せる、そういうイメージでしょうか。

製作した模様はいろんなところ、別の製品にも再利用可能、というメリットがあります。

模様としては、滑り止めなどの機能的な模様、ハイライトの移動、光沢の反射や映りこみなどの見た目の面白さ、手触り感などを製品表面に付加することができます。

繰り返しの模様は適度なランダム分布を持たせることもできます。