残暑お見舞い

残暑お見舞い

本当に今年は暑い夏でした。

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

冷蔵庫には、トロピカルドリンクもはいっていますので、暑いですが、「仕事遊び」にきてください。

 

 

a

 

 

マイ・フット・ステーションさん

銀座のマイ・フット・ステーションさんで、3Dスキャナー+3D-CADを活用して、自分にあったインソール、靴を調整してくれるサービスがはじまったそうです。   こちらです。http://www.myfoot.jp/service/service_order_insole.html  

 

Foot 

荒山社長とのご縁で、3D部分、スキャンのお手伝いをさせていただきました。

もし、私が両親と関東方面にいくことがあれば、立ち寄って両親にオーダー靴をプレゼントしたいです。(もしかすると現時点では、ハイヒールのオーダーメードや足にあわせたソール等が主なものなのかもしれません。)

マイフットステーション様のアドレスはこちらです。 http://www.myfoot.jp/          

立体テクスチャデータ

手触り、光沢の面白さを、プロダクトに

r

1t

 

 

立体のテクスチャのデータの提供ですが、

  • 模様の企画やデザイン
  • 製作

など。

 

最終的に「NC加工」「マシニングセンタ加工」で使える3Dデータを生成します。

大きな周波数の波(デザイン)に、細かな振幅で高い周波数(テクスチャ)を分離して合成して載せる、そういうイメージでしょうか。

製作した模様はいろんなところ、別の製品にも再利用可能、というメリットがあります。

模様としては、滑り止めなどの機能的な模様、ハイライトの移動、光沢の反射や映りこみなどの見た目の面白さ、手触り感などを製品表面に付加することができます。

繰り返しの模様は適度なランダム分布を持たせることもできます。

 

 

 

レンダリングのカメラを、写真のレンズにあわせて画角を設定

レンダリングのときに背景にあわせて、CG上のカメラを設定するときのメモです。

背景は、だいたいは、デジタル一眼レフやミラーレスで撮影されてくるものがほとんどです。APS-Cですよね。
理屈的には、APS-Cのカメラで撮影された合成背景の指定があるとすると、撮影されたレンズの公称値の焦点距離を1.6倍くらいにする必要がありますが、これは、「APS-Cサイズカメラの撮影画面は、35mm判カメラの撮影画面より小さく設計されています。」ということに起因しているそうです。

http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/67878-1.html

次のサイトでは、あまり撮影素子のサイズなど難しいことを考えずに選べば、画角が求まるように出来ていて、CGのカメラは、画角で設定する場合は、なかなかステキです。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1378259716

とにかくなんでも計算する「カシオ計算機」さんの計算サイトです。

計算というテーマで、いろんな情報があって、ステキですね。

ありがたく使わせていただいています。 

表面彫刻

立体寺子屋

3D表面彫刻の第1回目です。(連続2回)
ライノセラスがインストールされたノートPCをご持参いただいても結構です。

2013/7/17(水)、7/24(水)
時間 19:30-20:45
場所 弊社会議室 (Rhinoceros 5.0 64bitで実演)
最大人数 5名

サクラもよう

ご興味のある方はお早めにどうぞ。